貴腐人の館

アクセスカウンタ

zoom RSS 『獣の奏者 エリン』 第34〜44話までの感想

<<   作成日時 : 2009/11/16 14:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ぬぉ〜〜〜!!
エリンの感想をだいぶ溜め込んでしまっている!
もう24時間フルマラソンで語れそうなぐらい熱いのにッ(><)

リランはお母さんになりましたね〜
リランママ。
アルの誕生シーンは涙腺がゆるんで焦りました(笑)
あのままカザルムにいたら、エリンは本当に良い教導師になっただろうに・・・・。
真王ハルミヤを助けた事で、その運命は変わってしまう。

『大罪』を知った真王はもうこの世にはいない。
あの場にダミヤとセィミヤも同席させるべきだったのでは?
ぬぅぅ・・・。
歯がゆい。
そしてとうとうエリンは今までリランとの培ってきた絆を自ら壊してしまう。
人を助ける為とはいえ、決して使わないと心に決めてきた音無し笛を使った彼女の心情を思うと・・・。
うぅぅ・・・(T.T)
そしてエリンは指を失い・・・。
エサル先生に差し出された手袋をはめ、そこに形見の腕輪をはめるエリン。
母親の腕輪がちょうどいいサイズにエリンも成長したんだなぁと、しみじみ思ってしまった。
そして今まで彼女がお守りのように肌身離さず胸にさげていた腕輪にとってかわり、今では音無し笛がその胸に。
彼女の決意を考えると・・・。
おぅぅぅ・・・(T.T)(T.T)

ところで今回非常に萌えたのが第42話の「セイミヤの涙」。
今までトムラ先輩にばかり目がいっていたのですが。
ちょッ・・・!!
シュナン〜〜〜〜!!
『惚れてまうやろォ〜〜〜〜〜!』
("▽"*)("▽"*)("▽"*)
なんか雨に濡れるシュナンに異常に心がトキメイた(笑)
しかもセィミヤとはすれ違い・・・。
お互い両想いのクセにィ〜〜〜!
キィ----ッ!
歯がゆいじゃないかっ!!
なんかギアス以来「切な萌え」系にハマったような気がするのは気のせいだろうか?
そしてうっかりシュナンをスザクに、セィミヤをルルーシュに変換している自分がいる。
ぬぉぉ!!
小説書きたくなるじゃないかッ!!
スザルルに変換したくなるドラマやアニメが目白押しで最近本気で困ってます。
もちろんいつか書きますとも★

エリンの心情に触れたキリクが、今後どういうふうに変わっていくか---とか。
イアルとエリンに進展はあるのか---とか。
エリンがダミヤの策略からどうやって逃れ、どのような道を歩むのか。

そして今後トムラ先輩の出番はあるのか・・・とか(笑)

気になることは多々ありますが・・・。
見所満載な『獣の奏者エリン』。
今後の展開に大いに期待したいところです。



↓雨に打たれるシュナンに心が揺れた方専用★
にほんブログ村 アニメブログ SF・ファンタジーアニメへ












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
もうすぐ春〜♪
『獣の奏者 エリン』 第34〜44話までの感想 貴腐人の館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる