貴腐人の館

アクセスカウンタ

zoom RSS NHKアニメ 『獣の奏者 エリン』が面白い! 1話から31話までを一気に振り返ってみた♪

<<   作成日時 : 2009/08/20 14:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

私が続けて見ているアニメの中で『獣の奏者 エリン』というのがあるのですが、これがなかなか面白い。思わぬ掘り出し物を見つけた、そんな感じのアニメです。

まずOP&EDが良い!
OPはスキマスイッチの『雫』(1〜30話)
いい歌だなぁ・・・

 「君を取り戻す、そればかり考えていた〜♪」

あれ、・・・なんだろう。
この歌、二期のスザルルとか、ルルナナ(兄妹愛)とかに激しく変換してしまう自分がいたりします・・・(笑)

EDはcossamiの「「After the rain」」(1〜29話)
可愛い〜("▽"*)
大好きだ
歌も絵もとってもステキ。
エリンの雰囲気にあっています。


それから絵が良い!
OP&EDでもそうでしたが、絵がとても独特で美しいです
人物は普通にアニメ絵なんですが、背景とかがまるで絵本の世界のような感じになっています。時々は闘蛇や王獣を表現する時とかにもあえてそのような絵を使っていたりで、思わず魅入ってしまいます。
キャラクターの絵も好きですね。
今時のアニメアニメしてない絵というか・・・。
ジブリっぽい素朴な感じが好きです。


そしてやっぱりストーリーでしょう!
1話〜29話までは、エリンの子供時代から14歳まで描かれています。

エリンという少女は優しくてとても好奇心旺盛な少女。
いろんな事に興味や疑問を持つ聡明な少女という印象です。
それにしても7話は結構ショックでした。
涙腺崩壊
ソヨン〜〜〜〜〜(TдT)(TдT)(TдT)
親子愛が強い二人なだけに、切なさも倍増。
なんとか母親を助けようとするエリンがまた何ともいじらしくて。
ところで闘蛇の死には何かありそうなんですが・・・。
今後のストーリー展開に何か関係があるのでしょうか。
母と悲しい別れをしたエリンを救ったのが蜂飼いのジョウンという男。
元教師のジョウンはエリンにいろんな事を教え、いつしか本当の父娘のような絆が芽生える。
いい人に拾われて良かったねエリン
そして彼女は野生の王獣と出会います。
ここまでがちょうど子供時代という一区切り。
小さいながらも懸命に生きようとするエリンは見ていて感動する

14歳になったエリン。
ソヨンの面影がありますね。
自分の母親のように獣医になる事を決めたエリンはジョウンと別れて王獣保護場のカザルムに行く事を決意。
なかなかカザルムの生活に馴染めなかった彼女も、先生や仲間達の理解を得ながら、自分の居場所を見つけていきます。
そんな折にリランという名の王獣の子供と運命的な出会いをする。
親と引き離されてしまったリランに自分の身を重ねるエリン。
懸命にリランの世話をする事で、決して人には馴れない王獣がエリンにだけは心を開くようになります。
嬉しい反面、人に飼われる王獣を哀れに思うエリン。
それは母であるソヨンの想いと通じるところがあるようです。
自分の理想と現実の矛盾に思い悩んだり、親代わりであるジョウンが亡くなったりと、このへんのエリンの心情が丁寧に描かれていて良かったです
そして心を通わせたと思ったリランに傷を負わされてしまったり

 「獣は人には馴れない」

単に獣との心温まる交流っていうアニメじゃないところが、このアニメの面白いところです。
シビアな現実もちゃんと描いている。
それでもエリンは探そうとする。

 「獣と人の間には恐怖という支配しかないのだろうか・・・」

このあたりのエリンの語りは、どうやら彼女の書いた遺言状の内容のようですね。
そしてその内容はこのアニメのテーマのひとつでもあるようです。
シビアな現実も描きつつ、なおかつ主人公にはその先の何かを求めさせる。
そういった作品は個人的に好きです

そして18歳に成長したエリン!
おお〜
さすがに大人っぽくなりました。
でも大きくなっても王獣一直線(笑)
新しくキリクというキャラクターも加わりました。
どうやら彼には妹を毒殺されるという悲しい過去がある模様。
リランの背に乗り空を翔るエリンの姿に妹を重ねたようです。
私には一瞬『風の谷のナウシカ』に見えたよ(笑)
キリクの登場で、今後はエリンがいやおうなく外の世界(政治的な意味で)に巻き込まれていきそうですね。エリンの成長と同時進行で描かれていましたし。
イアルとの今後も気になるところです。

それと新しくOP&ED変わりましたね!
OPは曲こそ『雫』のままではありますが、歌っているのが元ちとせに!
「ワダツミの木」の人キタ━━━━━(゚ ∀゚ )━━━━━!!
曲を思い出そうとして、「Blood+」のほうのEDの曲を思い出しちゃう自分は、やっぱりアニヲタなんだなぁ・・・と、しんみり実感(−−)
それにしてもOPの映像はゾクゾクするほど良かったよ
EDは松たか子の『きっと伝えて』
こちらも曲、絵ともに良いですね。


新展開をむかえて、さらに今後の展開に期待大です
なお『貴腐人の館』ではトムラ先輩の恋を秘かに応援しています(笑)



宜しければポチッと願います
にほんブログ村 アニメブログ SF・ファンタジーアニメへ




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【神回】獣の奏者 エリン 第32話「大罪」の感想。
獣の奏者 エリン 第32話 「大罪」 評価: ...続きを見る
いーじすの前途洋洋。
2009/08/22 21:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
もうすぐ春〜♪
NHKアニメ 『獣の奏者 エリン』が面白い! 1話から31話までを一気に振り返ってみた♪ 貴腐人の館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる