貴腐人の館

アクセスカウンタ

zoom RSS 『侍戦隊シンケンジャー』 第十二幕「史上初超侍合体」感想 + 『シンケンジャーの魅力考察』

<<   作成日時 : 2009/05/09 01:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回、思いつめた様子で屋敷を出た殿様・・・。
人の命を預かる立場の辛さを千明に諭す茉子。
茉子がいい話しをしているのに熊折神で遊ぶ千明。
なんか二人は姉弟みたい。
殿様も前に獅子折神で遊んでた(←第十幕)けど、なんだかペットみたいでいいよねアレ。
超欲しいんですけど

そんなこんなで皆が心配しているさなか、殿様は迷子(笑)
そんな所も可愛くてスキさ
貴腐人的には、もうちょっとそのネタで引っ張って欲しかったとこですが、早く変身しないとチビッ子は飽きちゃうからね(^^:)
敵が現れ皆が集結。
変身前の立ち回りはなかなか格好よかったです
もっと見たいゾ
殿様は四人の決意を知り、皆の命を再び預かる覚悟を決める。
連携プレーでウシロブシ爆破

いつものように敵キャラ巨大化。
空を飛ぶ敵も現れ大苦戦。
そしたら・・・
ちょ、流ノ介〜〜〜
いきなりテンクウシンケンオーのプレゼンですか(笑)
ちゃんと分かり易い様にイラストつきのプリントを皆に配ったり・・・
あんたはサラリーマンか。
やっぱいいよ流ノ介
アンタ面白すぎるよ
「初めてお前に感心した」
え、
そうなん?
流ノ介は結構役に立ってるんじゃないの?
殿様さりげなく酷いです。
このツンデレめッ
それでもちゃんとプリントを捲ってそのとおりに操作している殿様がなんか可愛い
それにしてもテンクウシンケンオー・・・
上半身がやたら重たそうなんですけど(笑)

次回、なんか全身赤タイツの子泣き爺みたいなのに取り付かれてるシンケンジャー達。
もう既に大爆笑な予感が・・・
女子二人の活躍にも期待ですvvv


 
↓以下『魅力考察』

うっかりハマってしまったシンケンジャー。
その魅力は一体何なのか。
長々と語ってみたり★
とはいえ最初っから見てないからアレですけど・・・(汗)

其の一.『ストーリー』
公式HPによると、代々「モジカラ」なる力を受け継いできた5人の侍達が外道衆なる敵と戦うっていうお話しだそうで・・・。
レッドは志場家の殿様で、残りの4人は彼に仕える侍っていう設定にまず惹かれました。
今までの友人のような対等な関係ではないという
でも戦っていく中で、主従関係を超える『絆』が結ばれていくんでしょうね。
そしてそれが彼らをより一層強くしていくのも間違いないのでしょう。
個々のストーリーもそのつど見所があって面白い。
作戦練ったり、合わせ技使ったりと試行錯誤している様が見ていて楽しいです


其の二.『キャラクター』
★レッド(志葉丈瑠)
今まで戦隊もののレッドといえば、『明るくて情熱的でいつも笑顔』っていう私のイメージを覆しました。クールで無愛想、そしてちょっぴりツンデレ(笑)
セリフまわしが若干たどたどしい感じが、これまた保護欲をくすぐられる。
ブルーにありがちなキャラを敢えて主人公にもってきた所は今どきな感じですね。
しかも『殿様』という美味しいポジション

★ブルー(池波流ノ介)
歌舞伎役者を目指していたという設定のせいか、言動や行動にそれが時々垣間見られる。
二枚目なのにどこか様子の可笑しなキャラ(笑)
お笑い系キャラをちゃんと笑えるように演じられるのは演技力がある証拠なのかも。
天然・生真面目・忠誠心・・・・あれ、どっかの誰かさんに似てません?
いっそネコとかに噛まれちゃうタイプだといいさ
声も中の人繋がりで似ていたりと何か因縁を感じます。
一番のお気に入りキャラ

★ピンク(白石茉子)
一番最後に登場しがちなピンクをシンケンジャーでは敢えて3番目にもってきてるところに注目したい。久々に戦隊ものを見たのでよく分かりませんが最近の戦隊ものはみんなそういう風にしているのかな?
しっかりもののお姉ちゃんキャラ。
凹んだ流ノ介の頭をイイ子イイ子したり、ことはのほっぺの落書きを拭いてやったり・・・
なんかほのぼのします

★グリーン(谷千明)
主従関係を嫌う現代っ子キャラ。
短気なムードメーカーという設定のようですが、私の中では一番の常識人というポジションになっています。
なんだかんだで、いざっていう時は一番しっかりしてそう(笑)
うちの娘のお気に入りキャラ。
お面もあるよ
ママ的にはブルーのお面の方が・・・(ゲフゲフ)

★イエロー(花織ことは)
あれって京都弁なんでしょうか?
めっさ可愛ユス
萌え〜
純情キャラだそうで。
ピュアイエローですね。
分かります。

★ジィ
爺や〜〜〜!!
あなたあってのシンケンジャーです。
真のムードメーカーは間違いなく彼でしょう

★外道衆
なんか憎みきれないキャラ達です。
常に酔っ払ってる様なドウコクはアル中のダメ夫にみえるよ(笑)
声優さんも良いですね。
朴さんの「わちき」発言にウハウハです
ハガレンのエドみたいな少年声もいいですが、色っぽい姉さん声もいい。
チョーさんは私の中では「いないいいないバァ!」のワンワンのイメージが強いので、腹黒ワンワンをみているようで面白いです

★腑破十臓
イケメン〜
顔好み〜♪
流ノ介の次にお気に入り〜
人間とのハーフのようですが、今後彼がどのように関わってくるか注目です。


其の三.『演出&デザイン』
歴女ブームもあってか、戦国っぽい感じの『侍戦隊シンケンジャー』
やはり刀という小道具があると見栄えがいいです。
それぞれのキャラのポーズも様になって好感度UP
人の刀を借りて二刀流になったり、合わせ技使ったりと、使い方しだいでいろんな面を見せてくれる楽しさもあります。
立ち回りシーンもカッコ良くて好きです
それと黒子の存在。
これはとても斬新でした
シンケンジャーの出陣ともなれば、どこからともなく幟を持ってわらわら出てきたり。
皆がケガをしてくれば、かいがいしく世話したり・・・。
こういった演出は戦隊ものでは初めて見たかなぁと。
この番組を面白いと思わせた要因でもあります。

デザインに関してはとにかく笑った
シンケンジャーの顔に書かれた漢字。
思いっきり『火』とか『水』とか・・・
ロボットは兜被ってるし。
梶木折神を頭にのっけたかと思えば、虎折神の足はどうしても白いえびフライにしか見えないし。
やたら上半身にいろんな物がくっついてバランス悪そうだったりとか。
突っ込みどころ満載


其の四.『OP&ED』
歌もいいです
チビッ子向けの為か口ずさみやすい。
EDでは出だしが「ひぃ、ふぅ、みぃ・・・」といった具合にちゃんと韻を踏んでるとこが細かいなぁと。
歌詞、曲、共に好きです。
個人的にはOPで丈瑠を前に四人が頭を垂れているのが萌えた


其の五.『腐要素』
ギアスを見て以来、「主従関係」というものに非常に萌えを感じる今日この頃
もちろん「主」は受けで・・・(笑)


↓一筆奏上ッ!
にほんブログ村 アニメブログ SF・ファンタジーアニメへ



 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
もうすぐ春〜♪
『侍戦隊シンケンジャー』 第十二幕「史上初超侍合体」感想 + 『シンケンジャーの魅力考察』 貴腐人の館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる